クロスドックとは?変化する物流ニーズに不可欠なソリューションを詳しく解説!

クロスドックとは

「クロスドック」とは、仕入れ先から荷受けした商品を、検品、仕分けを行った後、そのまま需要先へスピーディーに出荷する手法を意味します。

従来の、荷受けから出荷の流れといえば、検品後、一旦在庫として倉庫内で管理し、オーダーが入るごとに仕分けして発送するというのが一般的でした。ところがこれでは、専用の棚に商品を収納のうえ、再度ピッキングして出荷する必要があるため、二重三重の手間がかかります。

そこで、仕入れた商品を開梱せず在庫保管も行わずに、そのままパレットやケースごと仕分けして、すでに手配してある別のトラックに積み替えて出荷できるようにしたのが、クロスドッグです。

詳細はこちらをご覧ください: クロスドックとは?変化する物流ニーズに不可欠なソリューションを詳しく解説!