ETFとは?REATとの違い・注目の物流ETFもご紹介

ETFとは?REATとの違い・注目の物流ETFもご紹介

ETFは、「上場投資信託」のことで、投資のプロに資金を預けて代わりに資産運用してもらう金融商品です。投資対象は、数十社から、多ければ数千社におよぶ例もあり、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など、特定の指標と連動することを目指して運用されます。

投資信託との大きな違いは、投資信託が非上場なのに対して、ETFは上場しているので、毎日刻一刻とリアルタイムで値動きがあり、株と同じくいつでも売買できる点です。数百円からでも始められる投資信託に対し、ETFは、初期投資に少なくとも2万円以上は必要です。投資信託は銀行や郵便局でも購入できますが、ETFは、証券会社でしか買えません。売買手数料は、少なければ投資信託の10分の1程度で済みます。

詳細はこちらをご覧ください: ETFとは?REATとの違い・注目の物流ETFもご紹介